保育士として働く

保育士として働く

保育士として働くためには、保育士の国家資格が必要であります。国家試験を受験して合格したり、保育士の養成校を卒業することによって得られる資格となっています。保育士の資格を有してからは、どのような場所で職に就くことができるのでしょうか。それは、働き方の多様化をしており、保育園だけではなくて幅が広がってきています。

しかし、働き方が安定している公立の認可保育園に就職することをほとんどの方が希望するそうです。これは、公務員となりますので、公務員試験にも合格しなければなりません。1次試験は筆記試験で、2次試験は面接試験となっています。他にも私立保育園への就職希望者も多いですが、これもその保育園独自の就職試験が設定されていますので、合格する必要があります。ほとんどの場合、筆記試験と実技、面接試験が行われます。他にも民間企業へ就職する場合にも、企業が認可外の保育施設を開設している場合などにも保育士として活躍できます。最近では、乳幼児を預けてホテルでのディナーやアクティビティへの参加や美容院での施術、デパートでの買物などで、一時預かりサービスを利用される方もいらっしゃいますので、保育士としての活動の幅も広がりを見せています。


<< 保育士の仕事に関する外部リンク >>
このように、保育士の仕事は広がりを見せています。幼稚園や保育園など、保育施設への転職支援サービスも充実していますので、参考にしてみて下さい > 保育士 転職支援